ヴァージルの回顧展に合わせ、「ルイ・ヴィトン」が限定アイテム発売 「シュプリーム」や「ナイキ」とは記念アイテム製作

7月 01 2019
山崎奈々

6月10日から米シカゴ現代美術館(The Museum of Contemporary Art, Chicago)で開催されるヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の回顧展「フィギュアズ オブ スピーチ(“Figures of Speech”)」を記念し、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」がポップアップショップをオープンする。場所はシカゴ現代美術館にほど近いウエストループ地区で、会期は6月9日から7月7日まで。

ポップアップでは、最新コレクションとなる2019-20年秋冬メンズのアイテムのほか、オレンジ一色の同ポップアップ限定アイテムも取り扱う。限定アイテムは、ヴァージルが同ブランドのメンズ アーティスティック・ディレクターに就任してから初めて手掛けた19年春夏メンズのアイテムをベースとしたスニーカーやキャップ、トランク、ベルト、バックパックなどを用意する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です